日本のカジノとギャンブル

日本政府は、東京オリンピック2020の開催前に、カジノ建設に関する規制緩和を目的とした法案の成立を目指してきました。日本で3番目に規模の大きいレジャー産業であるパチンコ産業の昨年の総収益が24兆円を超えていることを考えると、これは驚くべきことのように思えるかもしれません。 国内でのギャンブルが禁止になっている理由は、1907年に施工された刑法23条があるためです。この法律に繰り返し違反すると、50万円の罰金、3年間の懲役刑が課せられる可能性があります。この法律は他の多くの国々と比較すると厳しいものですが、実際にプレイヤーが有罪になった例はほとんどありません。