日本のカジノとギャンブル

Spread the love

日本政府は、東京オリンピック2020の開催前に、カジノ建設に関する規制緩和を目的とした法案の成立を目指してきました。日本で3番目に規模の大きいレジャー産業であるパチンコ産業の昨年の総収益が24兆円を超えていることを考えると、これは驚くべきことのように思えるかもしれません。

国内でのギャンブルが禁止になっている理由は、1907年に施工された刑法23条があるためです。この法律に繰り返し違反すると、50万円の罰金、3年間の懲役刑が課せられる可能性があります。この法律は他の多くの国々と比較すると厳しいものですが、実際にプレイヤーが有罪になった例はほとんどありません。

プレイヤーに対する規制はそこまで厳格に実行されていないものの、違法な店舗を閉鎖に追い込んだり、一時的にライセンスを停止したりといった対策は行われています。とはいうものの、特定のスポーツにおけるスポーツベッティングや宝くじなど、一部法的な例外も存在します。

その結果、外国人にもよく知られていますが、日本には合法的なカジノは存在しません。もちろん違法カジノは存在しますが、今回はこの有名な法律を回避するための方法に焦点を絞ってお話しましょう。

スロットマシン

日本には、様々な「スロット」マシンが存在します。理論的には法律で禁止されている産業が、いったいどのようにしてこれほどまでに発展しているのでしょうか?

カジノの代替とも言えるこれらの店舗では、まず玉やトークン(マシンの種類によって異なります)を購入します。そしてプレイし終わったら、手元に残った玉やトークンを旅行用のチケットや食品、様々な製品と交換しますが、店内で換金はできません。もし換金したい場合は、店の外に設置されている交換所に玉や現金に変えることができるプレートを持っていくことになります。

カードおよびタイルゲーム

麻雀は、閉鎖した雀荘の数がこの20年で2万店以上あるにもかかわらず(それでも専用の雀荘は1万件以上あります)、日本で特に人気のあるゲームです。反対に、長年に渡って比較的地味な存在だったポーカーは、スマートフォンやアジアでの急速な人気の高まりなどの影響もあり、日本でも「人気」が高まり始めています。ポーカーには依然として麻雀ほどの認知度はありませんが、最近では専用ルームが登場し始めています。また、2012年には木原直哉がワールドシリーズ・オブ・ポーカーで優勝し、名を上げています。

これらのゲームはギャンブル法に準拠しています。

規制緩和

しかし時が経つにつれ、日本政府も主に経済的な理由からある程度の緩和を行ってきました。

くじ引きは1630年代から存在していましたが、1842年に禁止されました。ところが、1937年に政府は税収を見込んで例外的にくじ引きの一種を認可しました。そして同様に、第二次世界大戦後には宝くじが登場しました。宝くじという名前は、その後も引き継がれていくことになります。

1948年から1954年にかけて、くじ引きに関する規制を緩和することを目的にいくつかの調整が行われました。日本の宝くじは、フランスのフランセーズ・デ・ジューが運営している宝くじと似たもので、ロトやスクラッチゲームも含まれます。この法律調整が行われた時期に、政府は公営競技のみという条件の元で、スポーツベッティングを認可しました。

じわじわと、しかし確実に起こっている進化

日本におけるカジノ建設は、大半の国民に反対されています。ポーカーのようなゲームは、単純に運任せで、えるものが少ないゲームだと考えられているからです。しかし、そうした考え方も徐々に変わってきています。

アジアが人々の注目を浴びているのに乗じて、一部では日本にカジノルームを作ろうという機運が高まっています。スマートフォンおよびアプリ市場の爆発的な成長と、世界規模でのウェブの発達も我々国民に新たな扉を開き始めています。

実際、約320万人の日本人がギャンブル依存症だと推定されています。

そしてつい最近、国会でカジノが合法化されました。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x